交通事故にあってしまった時の対処法その3|交通事故治療・肩こり・腰痛・膝痛・骨盤調整など根本から改善|小松島ルピア阿波銀行ATM内の整骨院・整体院

徳島県小松島市の整骨院・交通事故治療 マリン整骨院

完全予約制

0885333455

[診療時間]9:30~12:00 / 15:00~19:30
[定休]水曜日午後、日曜日、祝日

新着情報

交通事故にあってしまった時の対処法その3

ブログ

2017.12.25

 

こんにちは!

 

肩こり、腰痛、交通事故の怪我を姿勢矯正とピラティスで根本改善していく小松島のマリン整骨院代表の中村です。

 

今日あすたむらんどにイルミネーションを見に行くつもりでしたが生憎の雨で中止にしました。

 

明日が最終日なのでもう今年は厳しそうです。

 

さて今回はムチウチにもいくつか種類があることを説明しておこうと思います。

 

まずどうなってムチウチ症になるのかと言うと

 

大きな衝撃で強制的に頚部を前後に揺さぶられる事により

 

筋肉や関節、靭帯、神経を損傷する怪我のことで交通事故で良くあるのはやはり後方からの追突ですね。

 

後方からなので気付かず無防備な所に衝撃を受けることが多い為、より頚部は揺さぶられます。

 

事故直後はあまり症状が無くても数日から1週間後に出て来る場合もあります。

 

主な症状としては

 

首・肩の痛み、コリや張り、だるさ、重さ、頭痛、吐き気、めまい、耳なり、自律神経失調症症状、手の痺れ、首や肩の運動制限など

 

 

ムチウチ症の種類は

 

 

頚椎捻挫型

 

主に首の筋肉や関節、靭帯の損傷

 

 

バレリュー症候群型

 

交感神経と副交感神経とのバランスが乱れて自律神経失調症症状が出る。

 

※自律神経が乱れてくると自己回復力が落ちて治りも悪くなります。

 

頚椎捻挫型も筋緊張が続くと姿勢も悪くなり自律神経が乱れてくる事もあります。

 

神経根症状型

 

脊髄から出る神経の根元部分である神経根が損傷、衝撃により関節がズレたり歪んだりして圧迫される場合や椎間板から飛び出したヘルニアなどにより神経根を圧迫される。

 

 

脊髄症状型

 

脊髄が損傷

痛みや痺れ、体の運動障害、膀胱直腸障害(排尿・排便の感覚が鈍り最悪出来なくなる)などが生じる

 

 

脳髄液減少型

 

脳脊髄液が漏出することで減少。

頭痛、肩こり、めまい、集中力の低下、気圧の変化に過敏になるなど治療効果が出にくい症状。

 

 

ですが頚椎捻挫型がほとんどの割合を占めてます。

 

 

事故にあってあまり治療が十分でなかった為に何年も症状に悩まされている方も多くいらっしゃいます。

 

 

後悔の無いように少しでもおかしいと思ったら我慢せずに通院してしっかり治療はしてお来ましょう!

 

 

では次回は保険の保障の話をしたいと思います。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

ページトップへ